当前时间:关于我们 | 联系我们 | 常见问题
商品搜索:
您现在的位置:首页 > 新闻资讯
新闻资讯

焊接的分类

发布时间:2015-06-12 11:06 阅读次数:552次

金属焊接方法有40种以上,主要分为熔焊、压焊钎焊三大类。

熔焊是在焊接过程中将工件接口加热至熔化状态,不加压力完成焊接的方法。

熔焊时,热源将待焊两工件接口处迅速加热熔化,形成熔池。熔池随热源向前移动,冷却后形成连续焊缝而将两工件连接成为一体。必要时,也会使用焊材。

压焊是在加压条件下,使两工件在固态下实现原子间结合,又称固态焊接。常用的压焊工艺是电阻对焊,当电流通过两工件的连接端时,该处因电阻很大而温度上升,当加热至塑性状态时,在轴向压力作用下连接成为一体。

钎焊是使用比工件熔点低的金属材料作钎料,将工件和钎料加热到高于钎料熔点、低于工件熔点的温度,利用液态钎料润湿工件,填充接口间隙并与工件实现原子间的相互扩散,从而实现焊接的方法。所谓的铜焊,就属于钎焊。

 日语里焊接就写成熔接,溶接:Welding

ロウ付け:Brazing

ろう付け(ろう付、ろうづけ、鑞付け、brazing)とは、金属接合する方法である溶接の一種。接合する部材(母材)よりも融点の低い合金(ろう)を溶かして一種の接着剤として用いる事により、母材自体を溶融させずに複数の部材を接合させることができる。電気機器の配線等を接合するのに利用されるはんだが有名である。これに対して、ろう付けに用いる合金を硬ろうといい、金属加工の分野ではの合金を用いた銀ろうが最も多用されている。

溶接(ようせつ)は、材料の接合部に連続性を持たせ接合すること。又は圧力もしくはその両方、さらに必要があれば適当な溶加材を使用して、部材を接合する方法。溶接、圧接、ろう接に分類される。

かつては鎔接熔接の文字が利用されていたが、「鎔」「熔」ともに当用漢字に入れられなかったため、同音の「溶」で同音の漢字による書きかえがされることになった。

融接は被溶接材料(母材)の溶接しようとする部分を加熱し母材のみか、または母材と溶加材(溶接棒など)とを融合させて溶融金属を作ってこれを凝固させ接合する方法で機械的圧力は加えません。

圧接は接合部へ機械的圧力を加えて行う溶接法です。

ろう接は母材を溶融することなく、母材よりも低い融点を持った金属の溶加材(ろう)を溶融させて、毛細管現象を利用して接合面の間隙(すきま)にゆきわたらせて接合をする方法で、硬ろうを用いるろう付と比較的融点の低い軟ろうを用いるはんだ付とがあります。



网站首页 | 关于我们 | 优惠促销 | 产品中心 | 新闻资讯 | 常见问题 | 联系我们 |


Copyright© 2014 all rights reserved. 运营商:深圳市岩濑贸易有限公司 版权所有

电话:86-755-89572111 传真:86-755-89572000 地址:广东省深圳市龙华新区华联商业大厦8楼809室